FC2ブログ

幼児教育目指す方、現役の先生のレッスン内容について

トロイメントピアノ教室では、幼児教育科の高校生、短大生、大学生、現役の先生の生徒さんが学んでいます。
ピアノの技術・音楽の知識はもちろんですが、社会に出た時、実際に役立つレッスンになるように心掛けています。

『弾き歌い』がテストや試験で必須科目になりますが、ただ歌が上手になるようではなく、トロイメントピアノ教室では、『歌詞をいかに子供に伝わりやすく歌えるか』『伴奏のテンポ』を大切にします。
ひらがなが読めない子供に、先生として、聞かせて覚えて貰えるように歌わないと意味がありません。
それには、歌詞をハッキリ意味がわかるように、まず生徒さん自身が読む事から始まります。

子供達は、生まれた時から周りの言葉を聞いて育ちます。
歌は、テレビやCD等の完璧なテンポで作られた音楽を聞いて覚えています。

その事を私は、三人の子育て経験(公立幼稚園、私立保育園)で、私がピアノ伴奏して歌って遊んだり、幼稚園の保育参観で先生が伴奏し子供が歌っていた時に感じた経験から、あぁ、子供達は完璧なテンポしか知らないと、感じました。
伴奏が音楽に適していないと、テレビ主題歌や童謡を伴奏した時にズレが生じるし、伴奏とは関係なく子供達の歌はどんどん進んでいく…というものでした。

以上の理由から、トロイメントピアノ教室では幼児教育の学校で受ける授業のサポートにプラスして、実際に役立つ為のレッスン、そして、ピアノが好きになれた♪と感じて頂けるようなトロイメント(夢見るような)レッスン内容になっています。

《初心者の方》

まずは、指の体操をした後に、ピアノの基本知識(音符や楽譜、テンポの読み方)を、学校で使用しています『バイエル』を通して、具体的に学びます。
バイエルで不足しがちで、最も大切な『フレーズ(まとまり)』を教室では、簡単な歌詞がついている『トンプソン』を通して、歌詞を読み、句読点をピアノの演奏で実践していきます。
その学習がとても大切になっていきます。
少し慣れてきましたら、進度に合わせて、ディズニー曲等も併用していきます。
☆『童謡や保育の歌』は、伴奏のレベルが簡単な楽譜から始めます。
楽譜に書かれた歌詞をいきなり弾きながら歌う方が多いですが、当然弾くこと・歌うことに必死になります。そうならないよう、まず、句読点とフレーズの関係を理解してから、講師の模範演奏に合わせて、歌に表現し、メロディーである右手、伴奏の左手をピアノ練習します。
口を柔軟に動かして、ハッキリ発音する事を心掛けて、『声が通る人』を目指します♪

《ピアノ経験者の方》

以前ピアノを習った経験のある方は、まず、どの程度指を実際動かす事が出来るか、音符や拍子、調については、どう覚えていたか、習っていた過去のお話を聞いたりします。
復習含め、お手持ちの過去の楽譜を使う場合もあります。もちろん学校のレッスンで使う楽譜も。
学校によっては、どんなに上手に弾けても、曲のレベルで成績がつけられる所もありますので、バイエル→ブルグミューラー→ソナチネ→ソナタという教本を軸にレベルアップをしていきましょう。
併用曲に、その他の作品を選ばれて練習出来るよう、レベルに合わせたクラシックからポップス、ポピュラーの名曲を模範演奏しますので、選曲自由です。
ピアノをレッスンの為だけでなく、楽しむ気持ちで取り組めるかと思います。
《弾き歌い・童謡》
こちらは、なかなか上手くいかない方が多くみられます。初心者の方と同様に、伴奏のレベルだけは違いますが、レッスン指導内容は、同じです。


《現役の先生のレッスン》

トロイメントピアノ教室では、『お悩みを解決し、自信をつけて頂く』為のレッスンをしています。

先生だから弾ける、と思われがちで、弾けて当然のように子供達や保護者に思われます。その分の負担は大きいと思います。
まずは、生徒さんの指の癖を見てから、弾きやすくなるよう指使いや練習方法を考え、修正しながら、伴奏のアレンジを加えたりもします。
弾けなければ、気持ちが退けますよね。

苦手なピアノも、頑張って弾けたら楽しい!と、生徒さんの気持ちが前向きになるように、心掛けています。

☆長くなりましたが、これが全てではありません。生徒さんお一人お一人、に合わせて、適したレッスンをしています。
レッスンもお仕事シフトに合わせて、ご予約頂けます。
ピアノ以外の相談や、雑談も大切にしています。
その他のご質問がございましたら、いつでもお話しください!

トロイメントピアノ教室




スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

トロイメントピアノ

Author:トロイメントピアノ
トロイメントピアノへ ようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line