FC2ブログ

ピアノが好き=自ら練習する…ではないと感じたら

ピアノが好き=自ら練習するとは、残念ながらなかなかいきません。

「ピアノが好きと言ったから習わせたのに、言わないと練習しないんです」

自分から練習したり、練習好きな人を探す方が困難です。

では、練習するようになったのはどんなキッカケ?

一番多いのは、練習しなさい(お家の人から)と言われて、頑張って練習していたら自分でも弾けた・出来たと何度も感じられて楽しくなったから。(お子様の場合)

弾けるようになりたいから、弾いてみたい曲が沢山あるから。(大人の方の場合)

二番は、逆に練習しなかったら弾けなくなっていた💧に気づいたから。

そして!

↓↓

お家の人から褒められた・レッスンで合格した→自信が持てて楽しい❗

1日5分でも、まずはピアノを弾いてみよう。

トロイメントピアノ教室では、5分間砂時計⌛、3分間砂時計⌛を使い、生徒さんに5分と3分の練習体験をして頂きます。

『あれ?5分で何回も弾けた』と驚かれます。

※ 練習時間にあまりこだわらないほうが良く、練習を確保出来る時間をみつけてみてください。

初心者楽譜は、わかりやすい、弾きやすいように短い曲になっていますので、練習時間も短く。

例えば簡単な計算問題を解く感じです。

レベルが進むと曲の長さや内容が変わり難しくなるので、必然的に長い練習時間になってしまう。

例えば難しい文章問題を解く感じです。

練習時間ではなく、レッスンまでに練習する日数やレッスンで受けた内容を練習をしているかの方が大切です。

初心者の方には、レッスンノートにもレッスン内容や課題を記入しています。そして、お家の方からレッスンノートにご家庭での練習についての様子をご記入いただけますと、自宅練習で出来なかったことを再度レッスンで出来るように、そして、出来なくても頑張ったことを褒めることで次回に繋げる事が出来ます。ぜひ、ご活用下さい🍀

初心者以外の方には、楽譜に日付をつけて課題を書き込んでいます。

発表会や学校など、人前で演奏する目標を立ててみましょう。

お互いの練習の成果を披露するだけでなく、頑張ってきたお互いの演奏を聴く機会でもあります。目標になる憧れる曲や演奏、楽しそうに演奏したお友達や、ミスをしても最後まで諦めずに弾いていた…自分も頑張って上手になりたいと感じるチャンスでもありますね。

頑張ってきたと、自分が思えるように。

帰宅後、少しの時間でも構いませんので『今日はどんなレッスンだった~?』と投げ掛けてください。出来た、出来ないだけで判断せず、お子様からレッスンの内容が聞こえてきたら、→○です。内容を思い出す事から大切にしていきましょう。

トロイメントピアノ教室

http://www.traumend-piano.com/

スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

トロイメントピアノ

Author:トロイメントピアノ
トロイメントピアノへ ようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line