FC2ブログ

出来る範囲でちょこっとでも練習→誉めるキッカケにも

ピアノ練習はどうやるの…?そういう疑問は、もし私が初めて子供にピアノを習わしたら当然、感じて戸惑うかもしれません。私がピアノを知らなかったら…。経験あるかたでも、子供がなかなかピアノに向かわなければ、よくわかりません。ちょこっと考えて方を変えて、出来る範囲で大丈夫ですからこのピアノとの時間を生活の中で作ってみてください♪もし平日はとても難しいと思われた方は、お休みの日にわずかな時間でもお子様と一緒にレッスンで教わってた事を思い出して、触ってみてください♪最初は誰でも『ド』の位置もわからないところからスタートです。でも何度も何度もやっていくうちにお子様自身で見つけるコツを掴みます。もちろん年齢から理解力の違いは見えますが、初めて始めるということは、『赤ちゃんが初めてママ!パパ!』と言葉を発するのと同じ様なものです。この時、親としてとても嬉しく感じたように、一つ一つの進歩を誉めてあげてください♪赤ちゃんも言葉を発する前から耳で周りの言葉を聞いていて、単語を発するようになる時には、周りの顔をみながら確認し、段々と言葉の種類も増えてきます。よく我が子は『あってる?あってる?』と確認してきて、私の顔を見ながら自信をつけているようにも感じます。成長と共になかなか子供をちゃんと誉めてあげる事が少なくなってきた私の経験話ですが、ピアノとの時間をキッカケに、お子様との心の触れ合いの場になられましたら幸いです。最初はほんの五分でも、やがて自ら練習するようになるまでは時間がかかるかもしれませんが、誉めてもらうと年齢関係なく嬉しくて前向きになり、やがて自信に繋がります。ぜひ、お試しください♪トロイメントピアノ教室
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

トロイメントピアノ

Author:トロイメントピアノ
トロイメントピアノへ ようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line